歯科医師過剰問題の文脈で必ず語られる「歯科医院はコンビニより多い」という文句。これはれっきとした事実であるが、この文句には意味がない。

コンビニの数が歯科医院の数を上回ったことなど無いからだ。そもそも歯科医院は、コンビニより多いものなのである。

歯科医院とコンビニの数は?

現在の歯科医院数は、68,791件(※1)である。一方でコンビニの数は、55,404件(※2)。コンビニよりも歯科医院の方が13,599件、およそ20%多い

東京や大阪などの都市部に暮らしていると、どうしてもコンビニの方が多い印象を抱きがちだ。しかし、コンビニは1階のテナントへの出店が多いこと、歯科医院はそうでもないことを考えると、こんなものかという感じもする。

歯科医院よりも多いモノを探す

「歯科医院はコンビニより多い」という事実は、センセーショナルである。しかし、歯科医療が持つポテンシャルを考えれば、むしろ歯科医院の数が足りていないくらいだと、個人的には思う。

本記事では、「歯科医院より実は多いモノ」を発見していきたい。それを調べたからといって何になるわけでもないが、意外に多いモノが世の中には溢れている。

言わずとしれた「美容師過剰」

私は歯科医師である。美容院に行き、仕事の話になると「歯医者ってコンビニより多いんスよね〜」「お互い厳しいスよね〜」という話を、十中八九振られる。

申し訳ないが、美容師には言われたくない。美容院の数は現在231,134件(※3)と、圧倒的に歯科医院より多い。ちなみに、日本全国の信号機の数は208,061基(※4)なので、美容院に至っては信号機より多いという衝撃のデータもあるほどだ。

「神社」や「お寺」は歯科医院より多い

調べたなかで意外だったのは、神社の数だ。神社は全国で81,067件もある(※5)。神社は、歯科医院より12,276件多い

神社とは別に、お寺も全国に77,256件存在している。お寺も、歯科医院より8,465件多い

気になる「風俗店」の数

神社やお寺と同列に並べるのは少し抵抗があるが、日本全国の性風俗店の数は、31,514件である(※6)。届け出をしていない違法風俗店は考慮しないとしても、歯科医院より遥かに少ない。

ただ、事実上、性風俗店に行く客の大半は男性であり、また働き盛りの年代であることを踏まえると、どうだろうか。

現在の日本の生産年齢人口のうち、男性の人数は3,289万人だ(※7)。男性の生産年齢人口10万に対する性風俗店の数、すなわち事実上の人口10万対性風俗店数は、95.8件となる。

人口10万対歯科医師数は82.4人(※8)なので、歯科医院よりも性風俗店の方が充実しているということになるのではないか。

歯科医院は言うほど多くない

先日、歯科医院の倒産件数が急増している という記事を書いた。歯科医師は過剰であるというマスメディアの声を聞く一方で、現場では人手不足が叫ばれている。

冒頭で書いた通り、歯科医療のポテンシャルは、全身の健康状態との関連をはじめ、こんなものではないと思う。

超高齢社会に突入して久しい日本において、歯科医療の果たすべき役割は、ますます増えていくのではないだろうか。

参考文献

  1. 『平成28年医療施設(動態)調査・病院報告の概況(URL)』厚生労働省, 2017.
  2. 『JFAコンビニエンスストア統計調査月報(URL)』一般社団法人日本フランチャイズ協会, 2018.
  3. 『平成28年度衛生行政報告例・生活衛生関係(URL)』厚生労働省, 2018.
  4. 『平成28年度末・交通信号機等ストック数(URL)』警察庁, 2018.
  5. 『平成29年宗教名鑑(URL)』文化庁, 2018.
  6. 『平成27年度警察白書(URL)』警察庁, 2017.
  7. 『平成29年度労働力調査(URL)』総務省統計局, 2018.
  8. 『平成28年医師・歯科医師・薬剤師調査(URL)』厚生労働省, 2018.