株式会社DentaLight、ジニー歯科

未来の歯科医療を作る若手キーパーソンに焦点を当てる「歯科医療3.0」第3回は、千葉県船橋市で「市川ビルさとう歯科」を開業している佐藤博章先生をピックアップ。

わずか2年半で30人規模の歯科医院にまで成長させた、その極意を聞きました。

佐藤 博章(さとう・ひろあき)1978年宮城県生まれ。東北大学歯学部を卒業後、東京医科歯科大学顎顔面外科学講座、同大学大学院を経て、2016年に現在の市川ビルさとう歯科を継承。

患者さんが来なかった分院長時代

ーー分院長をしていた医院を買い取り、今に至るそうですね。

今でこそ多くの方に来院して頂いていますが、最初は驚くほど患者さんがいませんでした。1日に3人くらいしか来なくて、潰れそうだったんです。

当時はとても暇でした。毎日本を読んだり、歯科衛生士さんと打ち合わせや勉強をしたり、これからどうしていくかを考えていました。

ーーそこからどのように変わっていったんですか。

当時の医院は、設備が十分ではありませんでした。思い切って買ってしまおうと思って、2000万円ほど借金をしてCTとマイクロスコープを購入しました。

設備が整ったら、診療がすごく楽しくなってきて。患者さんの数は少なかったのですが、診療の質がガツンと上がった。ちゃんとした診療をしていると、患者さんも少しずつ増えてきたんです。

当時は分院長という立場だったのですが、ここで診療を続けたいと思い、医院を買い取って、現在の市川ビルさとう歯科が誕生しました。

3度の飯よりマイクロスコープ

ーー分院長でそこまで設備投資するのはすごいです。

なかでもマイクロスコープは、自分のなかですごくヒットしました。今では本当にマイクロスコープのことが好きで、四六時中マイクロスコープを使って治療をしています。

当院には、4台のマイクロスコープがあります。この好きな気持ちを、スタッフの皆にも味わって欲しくて、すぐ買っちゃいますね(笑)。

ーーどんなマイクロスコープがお好きなんですか。

カールツァイスの「ピコモラー」という製品が好きで、それを使っています。ふにゃふにゃとよく動くマイクロが好きなんです。

マイクロを使うと診療スピードが落ちると思われがちですが、私はそう思いません。眼鏡と同じように、自分の目と患者さんの口腔内の間に、マイクロを挟み込むだけ。身体の一部のように自由に、裸眼にマイクロを当てはめるだけなんです。

ーーどういうことでしょうか。

マイクロを使って診療をする時、みんなマイクロを覗いて口腔内を見るので、マイクロに位置が縛られてしまうんです。そうではなく、自分の立ち位置からマイクロを縛る。

そうすると、マイクロを使っても診療スピードは全く落ちませんし、質もすごく上がる。こういう話なら、何時間でもできますよ(笑)。

「キャンセル率」を極限まで減らす

ーー患者さんを集めるためのアイデアはありますか。

最もこだわっているのは、キャンセル率です。キャンセル率をいかに下げるかがカギで、妥協してはいけないと思っています。

特にうちのように1件のアポ時間が長いと、キャンセル率は経営に大きく影響する要素です。

ーー先生の医院はどれくらいなんですか。

普通の医院のキャンセル率は、だいたい15%くらい。10%を切れば良い成績だと思います。うちのキャンセル率は、だいたい4%台です。最初は10%くらいでしたが、数値を見てここを改善すべきだと思って。

キャンセルがないというのは、予定通りに診療が進むということ。つまり、スタッフもストレス無く仕事ができ、働きやすさにつながります。

ーー好循環が回っていきますね。

キャンセルをしない患者さんが集まるようになれば、スタッフも働きやすくなる。スタッフが働きやすければ、それを患者さんにも還元できる。今はその好循環が回りつつあります。

福利厚生でナンバーワンを目指す

ーースタッフのことを大事にしているのが伝わります。

医院の売上を上げるのは、スタッフへの愛だと思います。自分が儲けたいとかは無くて、スタッフがお金や休みをきちんと貰えて、やりがいを持って仕事ができる環境が大事です。

歯科医院のスタッフって、自由に有給が取れなかったり、風邪を引いてもシフトに穴が開けられない環境に置かれがち。スタッフが気軽に休めて、働きやすいクリニックを作りたいと思っています。

一般企業に負けないくらい、福利厚生でナンバーワンを目指しています。そのためには収益をきちんと上げて、クリニックを大きくしていく必要があります。そういう体制を整えていきたいですね。

連載提供

この記事は、歯科医院向け予約・CRM『ジニー』と歯科業界初のPHR『myDental』の、株式会社DentaLightの提供でお送りしました。

株式会社DentaLight、ジニー歯科

1D歯科ニュースアプリ