歯科医師情報サイト・SNS

オーラルフレイル(Oral frailty)は、口腔(Oral)と虚弱(frailty)とをかけ合わせた造語だ。加齢により口腔機能の衰え(食物がうまく嚥下できない、口から食物がこぼれる、滑舌が悪くなるなど)を放置していると、全身的な機能低下が進行するため、オーラルフレイルの予防が全身的なフレイルの予防になるとしている。東京大学高齢社会総合研究機構の辻哲夫氏・飯島勝矢氏を中心に提唱されている概念である。フレイルとは、加齢に伴うさまざまな機能変化や予備能力の低下によって健康障害に対する脆弱性が増加した状態であると理解される。

オーラルフレイルにはまだ明確な定義は存在しないが、東京都健康長寿医療センターの研究者で歯科医師の平野浩彦氏は、オーラルフレイルを「加齢に伴うさまざまな口腔環境および口腔機能の変化、さらに社会的、精神的、身体的な予備能力低下も重なり、口腔機能障害に対する脆弱性が増加した状態」であると整理している。

オーラルフレイルは近年注目を浴びつつある概念で、2015年には日本歯科医師会が8020運動に加えて新たな国民運動として展開させていくことが決定している。今後ますます、全国的なオーラルフレイルのキャンペーンが企画されていくだろう。

オーラルフレイルという用語は、日本老年歯科医学会が先導して提唱・啓発を行った経緯がある。同学会は平成25年に「高齢者の口腔機能低下を病名にできるか」というワークショップを開催し、国民が病名を理解しなければならないことと、既にフレイル(Frailty Syndrome)という病名が医科に存在したことを鑑み、「オーラルフレイル」という俗称の使用は適切だ、という提言を行った。

またほぼ同時期に、厚生労働省老人保健健康増進等事業「食(栄養)および口腔機能に着目した加齢症候群の概念の確立と概念の確立と介護予防(虚弱化予防)から要介護状態にいたる口腔ケアの包括的対策の構築に関する研究」においても、オーラルフレイルという用語が提示された。

オーラルフレイル「4つのフェーズ」

オーラルフレイルは、その進行度によって、4つのフェーズに分けることができる。それは「前フレイル期」「オーラルフレイル期」「サルコ・ロコモ期」「フレイル期」だ。詳しくは下図に示す。

オーラルフレイル

このように、オーラルフレイルの概念は整理されつつあるものの、まだ明確な定義や診断のためのアルゴリズムが定まっていないのが現状である。現在、オーラルフレイルの診断のためのスクリーニング法としては、以下に示すような検査方法が用いられている。

オーラルフレイルのスクリーニング法

咬合関係

まず、咬合関係はオーラルフレイルのスクリーニング方法として有用である。アイヒナー分類などで欠損様式を分類する方法と、装着している義歯を含めた咬合状態を評価する方法がある。

咀嚼能力

次に、咀嚼能力の評価もオーラルフレイルのスクリーニングで用いられる。「半年前に比べて堅いものが食べにくくなりましたか」といった質問票で評価する方法と、実際に試料を用いて咀嚼機能を測定したり、咀嚼筋触診などで評価する方法がある。

舌機能

オーラルフレイルの予防にとって意外と重要なのが舌の機能である。舌は咀嚼・嚥下・構音といった口腔機能において重要な役割を担っている。オーラルフレイルのスクリーニングのための舌機能の評価には、舌圧の測定や挺舌、舌運動などの評価が行われている。

嚥下機能

次に嚥下機能の評価である。嚥下機能の評価には、問診などによる方法と、実測することによる方法がある。実測評価には、反復唾液嚥下テスト(RSST)、改訂水飲みテスト(MWST)、頸部聴診法などが挙げられる。

口腔乾燥

オーラルフレイルを評価するうえで、口腔乾燥を定量的に検査することは重要である。口腔乾燥は、咀嚼・嚥下機能の低下を引き起こす。ROAGの評価法などを用いて、口腔内の湿潤度を評価する。

オーラルフレイルの診断アルゴリズムが検討課題

以上、オーラルフレイルの概念と、そのスクリーニング方法を解説した。特に「オーラルフレイルをいかに診断するのか」という診断アルゴリズムの部分の検討が要求されている。

未曾有の超高齢社会を生きる我が国にとって、オーラルフレイルの問題は非常に重要な概念であることは自明である。今後全世界的に高齢化が進んでいくなかで、我が国が先陣を切りオーラルフレイルの概念を打ち立てることで、世界的な高齢社会を生き抜くモデルケースをなり得るのではないだろうか。

参考文献

  1. 平野浩彦『オーラルフレイルの概念と対策』日本老年医学会雑誌, 2015.
  2. 荒井秀典『フレイルの意義』日本老年医学会雑誌, 2014.

歯科医師情報サイト・SNS