歯科医師情報サイト・SNS

歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士など歯科医療に携わる職種は、高い集中力が要求されている。1μm単位での調整が必要になることも珍しくない。集中力を高め、最高のパフォーマンスが発揮できている状態で仕事に望むことは、非常に重要な課題である。

今回の記事では、App Storeで公開されているアプリのなかから、「集中力を高める」ためのアプリを3本、ご紹介しよう。

森に退避しよう:Wildfulness 2

Wildfulness 2は、「森に退避し、瞑想で集中力を高める」というコンセプトのアプリ。アプリを立ち上げると、「陽気な朝」「雷雨」「朝の光」「穏やかな雨」などのシーンを選択することができ、タイマーをセットすれば、その自然音と共に瞑想をサポートしてくれる。そのタイマーの名前も、ズバリ「フォレストタイマー」である。

タイマーが終了するたび名言が表示されるし、呼吸エクササイズのためのガイド機能もある。忙しい診療の合間にこれを使ってリラックスすれば、良いリフレッシュになりそうだ。

Wildfulness 2

自然音 × 3Dサウンド:Sleep Orbit

Sleep Orbitは、自然音が3Dサウンドで聴けるアプリだ。3Dサウンドなので、ヘッドホンの使用を推奨している。

「雨」「海」「音楽」「公園」などの自然音を重ね、自分だけのミックスを作ることができる。自分と自然音との距離も調整することも可能なので、自分好みのリラックス音を作れるのだ。

タイマー機能もあり、例えば「15分休憩したい」といった時に、イヤホンさえあればどこでもリラックスできるアプリだ。

Sleep Orbit

リラックスのためのユニークなアプローチ:PAUSE

PAUSEは、一風変わったアプローチで、人びとをリラックスさせようとしている。App Storeの説明文には「古代・太極拳の原理とマインドフルネスの考え方に基づき、集中力を簡単に取り戻す」と本当か嘘かわからないことが書いてある。

PAUSEは、指先でスマホの画面を触り、ラーメンに浮いた油を箸でつなぎ合わせるように、画面上の点を結んでいくだけのアプリだ。やっていくうちに、確かに夢中になってくる。無心になり、点をつなぎ合わせることだけに集中できる。

PAUSEは上記の2つのアプリと異なり、目と指を使うので、目と指を酷使する歯科医療者のリラックスタイムには合わないかもしれない。

PAUSE

ベストな診療には休憩が大切

集中力を常に維持し、パフォーマンスを最大限に発揮するためには、休憩が大切だ。昼寝をしたり、スタッフと雑談するのも有効だが、とても良質なアプリも開発されてきている。

診療の合間のリフレッシュ方法に悩む方は、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

歯科医師情報サイト・SNS