歯科医療者なら、「いい歯の日(11月8日)」や「むし歯予防デー(6月4日)」を聞いたことがあるだろう。

「歯に関する」記念日は、メジャーなものからマイナーなものまで玉石混交だ。これらは、歯科医師会や歯科系企業の国民への啓発のための試行錯誤の結晶でもある。

記念日の制定がマーケティングとして功を奏しているかはともかく、今回の記事では歯科系の記念日をすべて、ご紹介していこう。

「よい歯の日」「いい歯の日」どちらも日本歯科医師会

日本歯科医師会は、国民への歯科PRを目的として、4月18日を「よい歯の日」に、11月8日を「いい歯の日」に制定している。いずれも、1993年から現在まで続く歯科業界の重点PRデーである。

一方で、1月18日はゴロで「いい歯」になるにも関わらず、何の記念日にも制定されていない。

意外に歴史のある「歯と口の健康週間」

「いい歯の日」に並ぶPRデーとして、6月4日(むし歯のゴロ合わせ)〜10日までの「歯と口の健康週間」がある。

歯と口の健康週間の歴史は長く、1928年までさかのぼる。当時は6月4日を「虫歯予防デー」と呼んでいた。

1939年からは6月4日に代わり5月4日を「護歯日」と呼ぶようになった。第二次世界大戦の影響を強く受けたような名称である。

それから6月4日は「口腔衛生週間」「口腔衛生強調運動」「歯の衛生週間」と名前を変え、2013年からは現在の「歯と口の健康週間」に定められている。

日本記念日協会が認めた「歯の記念日」

一般社団法人日本記念日協会に登録されている歯科系の記念日は、全部で23個だ(2019年1月19日現在)。めぼしいものを紹介していこう。

小林製薬は8月18日を「糸ようじの日」に制定している。これは8(歯)と8(歯)の間に1(糸)があるからだそうだ。さすがのセンスである。

他にも花王株式会社が1月19日(今日!)を「いい口の日」に制定していたり、シュミテクトを手がける企業が7月25日を「知覚過敏の日」に制定している。ライオン株式会社に至っては、すべての月の8日を「歯ブラシ交換デー」として登録している。

オーラルケア企業のマーケティング戦略として、記念日の制定は一定の効果を発揮するようだ。ちなみに日本記念日協会に記念日を登録するためには、登録料10万円がかかる。

1年を通してまとめてみると

こうした歯科系の記念日を、1年間のタイムラインでまとめてみよう。

  • 毎月8日:神奈川県大和市「歯の日」
  • 毎月8日:ライオン株式会社「歯ブラシ交換デー」
  • 1月19日:花王株式会社「いい口の日」
  • 3月1日:株式会社ヤクルト「再石灰化の日」
  • 3月4日:グラクソ・スミスクライン株式会社「酸蝕歯の日」
  • 4月2日:OCA Japan株式会社「歯列矯正の日」
  • 4月3日:プラズマレーザー研究会「プラズマレーザーの日」
  • 4月4日:Goodbye Perio プロジェクト「歯周病予防デー」
  • 4月7日:アイオニック株式会社「歯垢なしの日」
  • 4月18日:日本歯科医師会「よい歯の日」
  • 4月29日:花王株式会社「歯肉ケアの日」
  • 4月29日:花王株式会社「歯肉炎予防デー」
  • 6月1日:日本成人矯正歯科学会「矯正歯科月間の日」
  • 6月4日:日本歯科医師会「歯と口の健康週間」
  • 6月4日:DENTALANDたむら歯科「DENTALANDの日」
  • 7月25日:グラクソ・スミスクライン株式会社「知覚過敏の日」
  • 8月1日:株式会社サンギ「歯が命」の日
  • 8月8日:日本臨床矯正歯科医会「歯並びの日」
  • 8月18日:小林製薬株式会社「糸ようじの日」
  • 8月21日:デンタルプロ株式会社「ホワイトティースデー」
  • 8月24日:株式会社オーラルケア「歯ブラシの日」
  • 9月1日:株式会社モンデリーズ・ジャパン「歯ヂカラ探求月間」
  • 9月24日:日本歯科技工士会「歯科技工士記念日」
  • 10月8日日本歯科技工士会「入れ歯感謝デー(歯科技工の日)」
  • 11月8日:日本歯科医師会「いい歯の日」
  • 11月8日:日本矯正歯科学会「いい歯ならびの日」
  • 11月8日:佐藤製薬株式会社「歯ぐきの日」
  • 11月9日:佐藤製薬株式会社「歯ぐきの日」
  • 11月15日:東京都玉川歯科医師会「口腔がん検診の日」

2月、5月、12月が狙い目

上記の記念日リストを見てお気づきになった方も多いと思うが、4月や8月、11月に記念日が集中している。4月に至っては30日のうち9日が何らかの歯の記念日だ。

逆に、2月、5月、12月には歯の記念日が無いため、これから記念日を制定する歯科系企業の方はぜひ上記のリストを参考にして欲しい。