ただこし歯科クリニック(岐阜県可児市)歯科医師求人・募集・採用

岐阜県の中南部に位置する御嵩町。名古屋のベッドタウンとして発展してきた一方で、木曽川や可児川など豊かな自然環境が残っている。

のどかな風景のなかに建つ、ひときわ大きな歯科医院が目を引く。ただこし歯科クリニックは、2006年の開業時から、地域の健康を守り続けている歯科医院だ。

クリニックを経営する医療法人CREA理事長・只腰 哲章先生に、「伸びる若手歯科医師」の条件についてお聴きした。

全顎的治療を学び、愛する地元・岐阜へ

ーーとても大きな歯科医院ですね。

ユニットは18台、歯科医師6名、歯科衛生士11名をはじめとして総勢35名で日々の診療にあたっています。インプラントのオペ室や予防歯科専用フロアなどを増築しながら、現在の敷地面積は1000坪を超えています。

ーー先生はどういった経緯で開業に至ったんですか。

昭和大学歯学部を卒業後、愛知学院大学で補綴を研究していました。補綴を選んだ理由は、口腔内全体を診る全顎的な治療がしたかったから。

義歯やインプラントを学んだ後は、地元である岐阜県に戻り、ただこし歯科クリニックを開業しました。

今後も地域に根付いて、ずっとこの場所で歯科医院をやっていきたいと思っています。

スタッフの将来にフルコミットする

ーー巨大医院はスタッフのマネジメントも大変だと思います。

医院も大きくなって、最近はスタッフ一人ひとりの将来のことをよく考えています。当院に就職した場合には、大きく分けて3つのキャリアプランを描けるように心がけています。

1つは、自分で歯科医院を開業して、その医院を成功させること。いまの時代は、あらゆる診断・診療も身につけておかなければなりませんから、かなり努力が必要です。

また、開業には1億円を超える資金が必要になります。器材などは新品ですし、CTやマイクロを最初から揃える先生もいる。内装もお洒落にしなければ他院と差別化できない。

それはハイリスクなので、経営面でも財務面でもサポートできる分院展開の体制を整えていくことも、将来的には考えています。これが2つ目のキャリアプランです。

3つ目は、勤務医として長く勤務してもらうプランです。いかに居心地よく、やりがいを持って働いてもらえる環境を整えるか。女性でも、出産・子育てをしながら安心して仕事できる環境を作っています。

只腰哲章(ただこし歯科クリニック)岐阜県可児市

良い歯科医師が育つ「極意」とは

ーー具体的に、どのような環境で仕事ができるんでしょうか。

多くの大型医療法人では、院長・理事長は勤務医の先生に直接指導をしないことが多いのですが、当院では私が直接指導しています。新卒〜2年目の若い先生であれば、インレー形成やクラウン形成も、すべて私がチェックしてフィードバックをしています。

また、当院では毎日インプラントの埋入手術をしていますが、勤務医の先生がオペを担当する際は、私が第一助手に就きます。だから失敗はさせませんし、いろいろな診療を経験させて、確実に自信が付くように持っていくと、どんどん上達していきます

ーーそこまでのサポートは、他の医院には無いかもしれません。

個人差はあれど、臨床スキルは「ちょっと教えて、ちょっと上達する」の繰り返しです。そこに近道はないので、私も何年もかけて育てていく覚悟で、ちゃんと教えるようにしています。

スタッフもそのぶん感謝してくれているようで、長いあいだ当院で働いてくれています。それなりに研鑽を積まないといけないので楽ではありませんが、こうした医院のスタイルに共感してくれたスタッフが集まってくれていて。

ちょうど今も、歯科衛生士のスタッフが医院の近くに家を建てています。当院でずっと働いていくために、近所に引っ越してくるスタッフも多いんです。

只腰哲章(ただこし歯科クリニック)岐阜県可児市

「価値ある医療」を生み出す原動力

ーー先生の治療哲学を教えてください。

10年後、20年後に患者さんが喜んでもらえるような価値ある医療を提供する」こと。これが当院の経営理念です。この考えのもとで、各スタッフが日々の診療を行なっています。

腕だけ磨いても、いくら知識をインプットしても、価値ある医療は提供できません。「患者さんにとって良い治療をしたい」という真心が原動力にあるからこそ、もっと腕を磨いたり、勉強をするといった行動につながる。その努力が、価値ある医療をつくり出していくのだと思います。

真摯に治療に向き合っていると、患者さんにすごく喜んでもらえて、それが自分の満足に変わっていきます。そうしたやりがいを感じることができると、歯医者って面白いなと思えるようになるんです。

私は院長として経営面の業務も行いますが、やはりどうしても臨床が好きなので、いくつになっても現場を離れないと思いますね。

ーー臨床をしながら経営のことも考えるのは大変じゃないですか。

患者さんに「うちで治療をして良かった」と言ってもらえること、そしてスタッフに「うちで働いて良かった」と言ってもらえること。この2つの声は、私にとって絶対に欠かせないものです。

患者さんの健康を守ったり、スタッフの仕事を守ったりするためには、経営を健全化させなければなりません。そのためには、マーケティングやマネジメントなど、組織を経営するための力も必要ですし、そのための努力は惜しみません。

只腰哲章(ただこし歯科クリニック)岐阜県可児市

伸びる歯科医師は「素直」で「ポジティブ」

ーー先生から見て「伸びる歯科医師」の特徴はありますか。

「素直でポジティブ」な性格の人は、絶対に伸びると思います。「でも」「だって」なんて愚痴を言ってたら、せっかくの成長の機会を無駄にしてしまいます。

物事をポジティブに捉えることができて、かつ素直さがあれば、いくら才能が無くても育てていける自信があります。

あとは、努力ができるかどうか。努力が必ず報われるわけではありませんが、結果を出している人は必ず努力をしています。特に将来開業したいのであれば、努力できる才能は絶対に必要です。

私は暇さえあれば、セミナーに行ったり書籍を読んだり勉強しています。努力する習慣のあるスタッフに育って欲しいですし、それを行動で示すのが私の仕事だと思っています。

只腰哲章(ただこし歯科クリニック)岐阜県可児市

輝きたい歯科医師を募集中

ーー若手歯科医師に向けて、何かメッセージはありますか。

若手の歯科医師には、もっと夢を持って欲しいです。当院で5年以上働けば、年商1億円は出せるようになります。私もそれだけの指導はしますし、一緒に結果を出せる環境が整っています。

当院に見学に来たければ、交通費は全額負担しますので、ぜひいらしてください。一緒に働けることになれば、引っ越し費用も全部出しています。また、セミナー手当や交通費手当、住宅補助手当などの福利厚生も充実しています。

全国から見学・就職がしやすく、新卒・既卒問わず、安心して成長できると思うので、ぜひ一度お問い合わせください。

ただこし歯科クリニックをもっと知りたい

ただこし歯科クリニックは、歯科医師(新卒・既卒)を募集しています。本記事を読んで興味を持った方、詳しくは下記サイトからどうぞ

ただこし歯科クリニック(岐阜県可児市)歯科医師求人・募集・採用

ただこし歯科クリニック:歯科衛生士

注:本記事は、医療法人CREA・ただこし歯科クリニックの求人インタビュー広告です。